ハラスメント行為

【KY】職場の雰囲気を悪くするエアーハラスメントを防ぐには?

この記事では、エアーハラスメントについて取り上げています。

  • エアーハラスメントってなに?
  • エアーハラスメントを防ぐための方法は?

こんな疑問に答えています。

他にも、エアーハラスメントの危険性について解説しているので、近年増加している新手のハラスメントに対する注意点を知ることができます。

聞き馴染みのないエアーハラスメントですが、苦しめられている人はいるので、当記事を参考に対策を立ててみてください!

エアーハラスメントってなに?

エアーハラスメントとは、場の雰囲気が悪くなるような発言や行動をすることです。

ハラスメントって?

他社に対して、不快に感じさせたり、実害を与えるなどの『嫌がらせ』行為のことを指します。

被害者側の受け取り方によって成立するので、加害者側が意図したものなのかは焦点となりません。

ハラスメントの定義にあるように、加害者側が意図しなくても、場の雰囲気を壊す発言により他社が傷ついたと感じれば、エアーハラスメントとなります。

似たような言葉で、エアコンハラスメントというものがあり、同じエアハラと呼ばれているので、ごっちゃにならないよう注意したいですね。

エアーハラスメントの事例

会社で飲み会が企画されて、幹事となった人がみんなに楽しんでほしいと予約した店を、

「ここ行ったことあるけど、好みじゃないんだよね」

と幹事の前で言い放ち、精神的に傷つけてしまえば、エアーハラスメントとなります。

また、部下が業務改善のために一致団結して取り組もうとしているところに、上司が

「こんなことして何の意味があるの?無駄じゃない?」

と、何のアドバイスもなく否定するだけで、職場内の雰囲気をぶち壊してもエアーハラスメントになります。

エアーハラスメントの危険性

勘のいい方なら気が付いているかもしれませんが、エアーハラスメントの定義って曖昧ですよね。

雰囲気を壊すような発言や行動といっても、本人にその気がなくても受け取り手が傷ついたと感じれば成立してしまいます。

つまり、双方の意見に食い違いが生まれやすいのがエアーハラスメントなのです。

現在、ハラスメントの種類は30種類を超えています。

この時点で異常ですよね。

中には、「こんなんハラスメントにする意味あるの?」というものがあるほどで、エアーハラスメントも乱立して生まれたハラスメントの一つなのです。

「こんな言葉があるからハラスメントだ!」

と、自分に気に入らないことがあれば、むやみにハラスメントという言葉を盾に都合のいい方向にもっていく人がいるものです。

また、エアーハラスメントという言葉を知らずに、

「パワハラやセクハラじゃないから大丈夫でしょ」

と、自分勝手な発言や行動をする人がいることを忘れないようにしましょう。

数多くのハラスメントが存在していますが、パワハラやセクハラ以外のハラスメント行為で裁判沙汰になったケースはありません。

それだけ、被害を立証することが難しい事だと認識しておきたいですね。

エアーハラスメントを防ぐために

職場でのエアーハラスメントを防ぐための対策は、一つしかありません。

それは、相手の発言が他社を不愉快にさせていると教えることです。

エアーハラスメントの場合、意図しない形で他人を傷つけるような発言をしてしまうケースが多く、本人の性格からくるものが多いのです。

そのため、本人に「あなたの発言は人を傷つけていますよ」と諭すことで、エアーハラスメントを防ぐことができるでしょう。

エアーハラスメントをする人は一般的な善悪の感覚がズレており、悪意なく発言するため、諭してあげなくてはいけません。

子供と一緒で、自分の発言や行動で周囲の雰囲気が悪くなるとわからないからですね。

エアーハラスメントが横行している職場は危険

職場の雰囲気を悪くするような発言や行動をする人がいて、言っても直らない、言えないような人がいる場合には、どうすることもできません。

僕の場合は、社長がエアーハラスメントをするタイプだったので、どうすることもできない状況でした。

職場内の雰囲気は悪く、何かするたび文句を言われるのでモチベーションが上がらない職場でした。

結果的に退職を選択したわけですが、この選択は間違ったとは思っていません。

人のやる気をなくすような人と働けば、自分にとってマイナスにしかならないので、同じように悩んでいる方は、退職をして環境を変えるのも一つの手です。

ストレスなく退職をするためには

  • 退職を申し入れると何をされるか分からない
  • 退職を申し入れたら脅しや強い引き留めにあった
  • 会社に行くのがツライ
  • 退職の際に未払い賃金や有給休暇の交渉をしたい

中には、上記のような悩みを抱えている方もいることでしょう。

ストレスの溜まっている状態で退職を切り出すのは、神経が擦り減るもの。

また、有給休暇や未払い賃金の取得をしたくても、理不尽に断られるケースは非常に多いです。

そこで、会社に退職の申し入れをしたくても出来ないと悩んでいる方は「退職代行サービス」の利用を勧めます。

退職代行サービスを利用することのメリットとして以下が挙げられます。

  • 会社に顔を出さずに退職することができる
  • 会社とのやり取りが不要
  • 離職票などの必要な書類の発行依頼が可能
  • 未払い賃金や有給休暇の交渉が可能(※退職代行による)

退職に関する法律の知識も持ち合わせているため、合法的に退職に結び付けられるのが最大の強みですね。

ただし、退職代行の中には悪質な業者がおり、退職ができないといったトラブルにつながりかねないので、利用する前に最低限の知識を身につけることでトラブルを回避することができるでしょう。

☟の記事では、退職代行に関するポイントや疑問を解説しているので、退職代行を利用する前に一読することを勧めます。

【完全版】退職代行とは?利用に関する疑問やポイントを完全網羅この記事では、退職代行を利用するか悩んでいる方に向けた記事です。 退職代行に関する疑問をすべて答えているため、この記事だけで退職代行について理解できる内容になっています。 実際に僕が退職代行に相談した時の状況も紹介しているので、参考にしてみてください。...

当サイトでは、合法性・料金・サービスの質をトータルで比較した結果、退職代行ガーディアンを一番にオススメしています。

☟の記事でもオススメの退職代行サービスを紹介しているので、選ぶ際の参考にしてください。

【トラブル回避】退職代行のおすすめTOP5!気になる点を徹底調査この記事では、実際に相談をしてみた結果をもとに、オススメの退職代行をランキング形式で紹介しています。他にも、退職代行を選ぶ際のポイントや利用する前の注意点も紹介しているので、退職代行をめぐるトラブルを回避するために役立つ内容になっています。...

まとめ

エアーハラスメントとは、場の雰囲気が悪くなるような発言や行動をすることです。

意図しない発言や行動であっても、受け取り手が不快に感じたり、実害があったのならエアーハラスメントとなるので注意しましょう。

もし職場で、意図せずにエアーハラスメントをしている人がいれば、相手を不快にさせていると諭してあげることが大切です。

発言をした本人も、指摘されることで間違いに気付くこともあります。

様々な人が集まる職場では、人間関係のトラブルが起きやすいものです。

だからこそ、お互いが働きやすいよう改善していくことが重要になります。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です