退職

【退職は計画的に】ボーナスもらって退職するベストなタイミングは?

  • ボーナスをもらってすぐの退職って問題ない?
  • どうすればトラブルなく退職できる?

当記事では、こんな疑問に答えています。

ヨシ
ヨシ
辞める人間がボーナス貰うのって卑しいかな?
ヨシ
ヨシ
ボーナスを貰ってすぐ退職するのは非常識だよな…

ボーナス直後に退職を申し入れるのって気が引けますよね。

ですが、退職を決意しているので早く辞めたい気持ちがあるのも事実。

そこで、ボーナスを貰いながら退職をするなら、どのタイミングで退職を切り出すのが最善なのか解説しています。

ヨシ
ヨシ

これで気が引けることはなくなるね!

ボーナスをもらってすぐの退職は問題ない

結論からいえば、気にする必要はありません。

ボーナスをもらった日に退職を申し出ようが、ボーナス支給日の次の日が退職日だろうが問題ありません。

ただ、タイミングによっては支給額が減ったり、貰えなかったりする可能性があります。

しっかり満額を貰ってから退職するようにしたいですね。

ヨシ
ヨシ

当然の報酬だから気が引けるとか
考えることはないよ!

ボーナスをもらってすぐの退職は問題ない3つの理由

ボーナスは期間内の評価に対しての報酬だから

  • 前期の評価をもとに算出
  • 支給日までの評価をもとに算出

会社によって期間は変わりますが、今までの働きぶりを評価した報酬がボーナスです。

過去の労働に対しての報酬なので、貰ってすぐに退職をしても問題ないわけですね。

ヨシ
ヨシ

来期の評価を前倒して支給するなんて
聞いたことないよね

退職は労働者の権利だから

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:総務省 e-Gov 民法第六百に十七条

民法では上記のように定められているため、ボーナスをもらった直後に退職をしても問題ありません。

退職は労働者の権利なので、自分の都合に合わせて会社を辞めるようにしましょう。

ヨシ
ヨシ

退職日の2週間以上前には
「退職したいと」伝えておこう!

会社側は解雇できる権利があるから

会社側は、正当な理由があれば労働者を解雇できます。

労働者の退職と同じで、前もって通知をしておけばボーナスの支給日でも解雇は可能です。

このことから、ボーナスを貰うことと退職は別問題だとわかりますよね。

ヨシ
ヨシ

ボーナスの支給と退職を
結びつけること自体が間違いなんだ

ボーナスは必ず支給されるもの?

ボーナスを支払わなければいけない法的義務はありません。

  • 原則支給しない
  • 業績により支給する
  • ボーナスは支払う

ですので、上記のように会社によって支給される・されないのバラツキがあります。

今まで当たり前のように貰ってきた人は、貰って当たり前!と勘違いしがち。

あくまでも、会社側の温情で貰える追加報酬だと忘れないようにしましょう。

ヨシ
ヨシ

貰ったら会社側にお礼を伝えておこう!

就業規則を確認してみる

会社によってはボーナスの支給について、就業規則で定めてるケースがあります。

就業規則で「ボーナスは支払う」と明記されていれば、支払う義務があります。

  • 会社に在籍していれば支払う
  • 出社してないものには支払わない

上記のように、条件によって支払いが決まることもあるため、就業規則を確認してみましょう。

ヨシ
ヨシ

就業規則に明記してなければ
会社側のさじ加減になるので注意!

ボーナスをもらう時の退職を申し出るタイミング

ベストなタイミングは、ボーナスが支給されてから退職を伝えることです。

貰う前に退職したいと伝えてしまえば、ボーナスが減らされたり貰えない可能性が高くなります。

実際、僕は退職日までの有給消化中にボーナス支給日を迎えましたが、貰うことはできませんでした。

退職を伝える前なら、何の問題もなく満額支給されますよね。

ボーナスを貰いたいのであれば、貰ってから「退職したい」と伝えるのが確実な方法です。

ヨシ
ヨシ

貰えるか・貰えないか悩むくらいなら
確実に貰える方法を選択しよう!

なるべく波風をたてずに退職するには

ボーナスを貰った翌月の末日に伝えるのがベストです。

貰ってすぐに退職するのは問題ないといっても、会社側からしたら面白くありません。

特に冬のボーナスは12月末と忙しい時期になりますよね。

忙しい時期+ボーナス貰ったばかりの時期に退職したいと伝えれば、怒られるのは目に見えています。

ボーナスの翌月末なら余韻はなくなっているので、余計なトラブルなく退職できます。

ヨシ
ヨシ

ボーナスを貰うつもりなら
多少の我慢は必要だね

今すぐ退職したい時にはボーナスを諦める覚悟を

今すぐにでも退職したい場合には我慢する必要はありません。

ただ、前の項目でも解説した通り、貰えない可能性は高くなります。

期待するほど貰えない時のショックは大きいので、はじめから貰えないものとしておきましょう。

ヨシ
ヨシ

働けば同じ金額を稼ぐことはできる!
目先のお金のせいで後悔したくない…

退職代行を利用して時間を有効活用

ボーナスは欲しい!けど、今すぐ辞めたい!!

そんな時は、退職代行サービスを利用しましょう。

  • 即日に辞めれる即効性
  • 申し込みはLINEで完結
  • 有給休暇や退職金の交渉が可能
  • 合法的に退職できる
  • 会社側に退職の意思を伝えなくて済む
  • 退職日までの気まずい空気に耐えずに済む

具体的には、ボーナスを貰ったその日に退職代行に依頼する、これで即日退職できます。

引継ぎが出来るようにメモなどを残しておくと安心ですね。

ヨシ
ヨシ

料金相場は2~5万円だけど、ボーナスで賄えるし
メリットを考えれば金額以上のサービスだね!

オススメは『退職代行ガーディアン』

退職代行ガーディアンを利用するメリットをまとめると以下の通りです。

  • 労働組合が運営しているので安心
  • 料金は29800円と安い(追加料金なし)
  • 即日対応可能・全国対応可能
  • 有給・退職金・未払い賃金の交渉が可能
  • 1時間で手続きが終わる簡単さ

僕も実際に相談してみたのですが、

このように、対応の速さに驚きました。

ヨシ
ヨシ

僕の同僚も退職代行を利用したけど
利用してよかったと喜んでたよ!
(過去に2回退職を拒否られてた)

現在までの成功率が100%という点も安心できますね。

たくさんある退職代行でどれを利用していいか迷う方は、退職代行ガーディアンを利用すれば間違いありません!

まとめ

  • ボーナスは期間内の評価に対しての報酬だから
  • 退職は労働者の権利だから
  • 会社側は解雇できる権利があるから

上記の理由から、ボーナスをもらってすぐの退職は問題ありません。

ただ、ボーナスの支給条件は会社によって異なるので、就業規則を確認しましょう。

問題がないとはいえ、会社側からしたらボーナスをもらってすぐの退職は面白くないですよね。

無用なトラブルを避けるなら、時間を置いた後に退職を申し入れるようにしてください。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です