辞めたい

【アウト】上司に嫌われて辞めたいと感じたら?働き続けても先はない

  • 上司に嫌われたら辞める?
  • 上司に嫌われることのデメリットが知りたい

当記事では、こんな疑問に答えています。

職場では自分より上の立場にいる上司、そんな人に嫌われてしまったらどうしていいのかわからなくなってしまいますよね。

  • 無視される
  • 自分にだけ強い態度をとる

言い返せないことをいいことに、上司はやりたい放題です。

ストレスばかり溜まる職場で働き続けるべきか、そんな疑問を解消する内容になっています。

【辞めたいと思う前に】上司に嫌われてる理由を考える

なぜ上司に嫌われているのか考えることは大切です。

もしかしたら、あなた自身に原因があるかもしれないからですね。

自分自身に原因があれば状況が改善する可能性はあるので、自分の行動を振り返ってみましょう。

不機嫌な態度をだしている

  • 今日は気分が悪い
  • 誰とも話したくない気分
  • 上司から注意された

など、気分が落ち込むことは誰にでもあります。

ですが、それを態度に表してしまえば相手は不快に感じてしまうものです。

相手に話しかけて不機嫌な態度をとられたら嫌ですよね。

自分から相手を拒絶するような態度をとれば、上司だけでなく同僚からも嫌われてしまうでしょう。

上司の指示に従わない

どんなに気に入らない指示であっても、組織に属している以上は上司の命令に従わなければいけません。

「指示が気に入らないから」

という理由で上司の指示に従わないのであれば、あなたにも落ち度はあります。

上司は現場だけでなく、仕事全体の流れを考えて指示しているもの。

自分の状況だけを考えていませんか?

上司の立場も理解して、なぜこんな指示を出すのか考えてみることも重要です。

上司に反発している

上司から指示をされたり、ミスを指摘された時に、

  • いや、
  • でも、
  • 違うんです、
  • 聞いて下さい、

などの言い訳から入るようなことを言っていませんか?

また、上司の思惑も考えずに「それは違う!」「納得いかない」と頭ごなしに反発されては気分を害してしまいます。

自分にミスや落ち度があれば、素直に認めて謝ることは当然のことですよね。

また、頭ごなしに反発するのではなく「なぜそうなのか」を確認すべきではないでしょうか。

自分の勘違いの可能性

上司に嫌われていると思い込んでいませんか?

  • 無視される
  • 周りと比べて明らかに態度が違う
  • 仕事から外された
  • 処理できないほどの仕事を押し付けられた
  • 結果をだしても評価されない

といった、明確な敵意があれば嫌われていると認識できますが、そうでなければ勘違いの可能性があります。

中には、気分で態度がコロコロ変わるタイプもいるので、上司がどんなタイプの人なのか見極めることが重要です。

自分の勘違いで嫌われてしまうのは避けたいところですね。

上司に嫌われてることのデメリット

上司に嫌われることはデメリットばかりでいいことはありません。

具体的に、どのような影響を及ぼすのか見ていきましょう。

社内での評価が上がることはない

上司に嫌われることは社内での評価にも響いてきます。

会社側は上司の方を評価しているので、上司の意見を取り入れるもの。

部下の評価は上司が行うものですよね。

嫌われてしまっている以上、いい評価を受けることはないので出世や昇給は見込めないと思っておくべきでしょう。

職場で孤立する

社内では上司の方が立場が上なので、揉め事があれば同僚は上司側につくでしょう。

上司のことが好きか嫌いかは関係なく、自分の身を守るためには立場が上の人に味方するしかないのです。

自分の立場を利用して味方するよう強要してくる上司であれば、間違いなく孤立してしまうでしょう。

理不尽と感じるかもしれませんが、立場や権力が劣っているだけで不利になるものです。

理不尽な扱いを受ける

  • 仕事を振られなくなる
  • 能力以上の仕事量を押し付けられる
  • 会議やミーティングから外される

仕事の指示を出すのは上司の役割です。

ですが、中にはその権限を悪用して、私的な理由で理不尽な命令を下す上司がいるもの。

「業務上適正と判断した」

と言われればそれまでなので、好き放題される可能性があります。

嫌がらせをしてストレス発散するだけの下らない行為なのですが、被害者からすればたまったものではありません。

上司に嫌われてる時の対処法

仕事と割り切る

職場で働く以上ある程度のストレスはつきものです。

どうしても今の職場を辞めたくないという人は、仕事と割り切って気にしないようにしましょう。

というか、それしか対処方法がありません。

とはいえ、一人で耐え続けるのは精神的にきますよね。

悩みを相談できる同僚が一人いるだけで負担はかなり少なくなります。

職場に相談できる人がいなければ、家族や知人などプライベートで相談できる人に愚痴を聞いてもらいましょう。

退職する

個人的には最も有効な対処法だと感じています。

  • ストレスの原因から離れることができる
  • 一度嫌われると関係の修復は不可能

上記のことから、耐え続けたところで状況が改善する可能性はないでしょう。

また、嫌われているのが経営者クラスだと詰みです。

評価されない職場で働き続けたところで、無駄に時間を消費しているだけですよね。

詰んでる環境で耐え続けるか、新しい環境でチャレンジするか、どちらが自分のためになるか一目瞭然です。

辞める前の注意点

出典:https://www.photo-ac.com/

退職をするのはいつでもできますが、その後の生活のことも考えましょう。

収入を途切れさせないのであれば、転職活動をして次の職場を見つけてから退職することを強く勧めます。

  • 少し休む時間が欲しい
  • 転職活動は急がない

という方は、ある程度の貯金が必要になります。

退職後の生活でネックになるのは、

  • 国民健康保険料
  • 住民税
  • 国民年金保険料

の3つになります。

特に、収入が多ければ税額が大きくなるので、退職をして収入のない状態では大きくのしかかってきます。

失業手当だけで賄えるものではないので、事前に貯蓄しておくことを勧めます。

退職は計画的に行う

これは僕が行った方法ですが、退職を決意してから退職日までの期間を決めます。

例えば、2年後の〇月に退職をするといった具合ですね。

  • 貯蓄する目的ができる
  • 退職日が明確なので転職活動がしやすい
  • 退職を決意しているのでストレスフリー

と、期間を定めるだけで目的がはっきりします。

思い付きで退職をしてしまうとダラダラ行動してしまう可能性があるため、自制心に自信のない方にはオススメの方法です。

ちなみに、退職代行サービスを利用する際にも効果的ですよ!

退職が難しい職場なら『退職代行サービス』を利用する

  • 退職を申し入れると何をされるか分からない
  • 退職を申し入れたら脅しや強い引き留めにあった
  • 会社に行くのがツライ
  • 退職の際に未払い賃金や有給休暇の交渉をしたい

中には、上記のような悩みを抱えている方もいることでしょう。

ストレスの溜まっている状態で退職を切り出すのは、神経が擦り減るもの。

また、有給休暇や未払い賃金の取得をしたくても、理不尽に断られるケースは非常に多いです。

そこで、会社に退職の申し入れをしたくても出来ないと悩んでいる方は「退職代行サービス」の利用を勧めます。

退職代行サービスを利用することのメリットとして以下が挙げられます。

  • 会社に顔を出さずに退職することができる
  • 会社とのやり取りが不要
  • 離職票などの必要な書類の発行依頼が可能
  • 未払い賃金や有給休暇の交渉が可能(※退職代行による)

退職に関する法律の知識も持ち合わせているため、合法的に退職に結び付けられるのが最大の強みですね。

ただし、退職代行の中には悪質な業者がおり、退職ができないといったトラブルにつながりかねないので、利用する前に最低限の知識を身につけることでトラブルを回避することができるでしょう。

☟の記事では、退職代行に関するポイントや疑問を解説しているので、退職代行を利用する前に一読することを勧めます。

【完全版】退職代行とは?利用に関する疑問やポイントを完全網羅この記事では、退職代行を利用するか悩んでいる方に向けた記事です。 退職代行に関する疑問をすべて答えているため、この記事だけで退職代行について理解できる内容になっています。 実際に僕が退職代行に相談した時の状況も紹介しているので、参考にしてみてください。...

当サイトでは、合法性・料金・サービスの質をトータルで比較した結果、退職代行ガーディアンを一番にオススメしています。

☟の記事でもオススメの退職代行サービスを紹介しているので、選ぶ際の参考にしてください。

【トラブル回避】退職代行のおすすめTOP5!気になる点を徹底調査この記事では、実際に相談をしてみた結果をもとに、オススメの退職代行をランキング形式で紹介しています。他にも、退職代行を選ぶ際のポイントや利用する前の注意点も紹介しているので、退職代行をめぐるトラブルを回避するために役立つ内容になっています。...

まとめ

上司から嫌われてしまったら、関係の修復は不可能です。

  • 社内での評価が上がることはない
  • 職場で孤立する
  • 理不尽な扱いを受ける

また、上記のデメリットもあるため、上司に嫌われてしまったら退職をするのが最善策となります。

耐え続けても改善しない環境で働くか、新しい環境でチャレンジするかを決めるのは自分自身です。

どちらにせよ、行動しなければ何も変わらないということだけは認識しておきましょう。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です