ハラスメント行為

【悲報】クチャラーは直らない!ハラスメント行為からの脱出法とは

  • クチャラーって直らないの?
  • クチャラー対策に有効な手段は?
  • 絶対意識して咀嚼音出してるでしょ

当記事では、こんな疑問に答えています。

クチャクチャと音を立てて食べたり、口を開けながら食べる姿はマナーがいいとはいえないものです。

中には、「絶対わざとやってるだろ…」と思わせるほど、爆音を響かせている強者もいるほど。

一緒に食事をしている方からすれば、気になって仕方がないですよね。

どうすればこのストレスから抜け出せるのか、有効な手段を紹介しているので、職場の人間関係で悩んでいる方は参考にしてみてください!

クチャラーはハラスメント行為になる?

咀嚼音で他人を不愉快にさせているのであればハラスメント行為となります。

ですが、パワハラやセクハラのように、上司や会社側に相談するような事案ではないので注意しましょう。

近年では、様々なハラスメントが増えてきており、クチャラーは音ハラスメントだったり、ノイズハラスメントなどと呼ばれていますね。

こうしたハラスメント行為は、本人が無自覚でしているケースが多いので、簡単に直らないのが難しいところです。

国によって食べ方が違う

例えば、中国や韓国ではクチャクチャと音をたてたり、口を開けながら食べる人がいますが、「味わって食べている」という意思表現なのだそうです。

同様に、我が国でも蕎麦やラーメンをすする時にはズルズルと音を立てて食べることがありますよね。

アメリカやヨーロッパといった、食事中に音を立てずに食べる風習がある国では、ズルズル音が不快に感じられるものです。

ヌードルハラスメントと呼ばれるものですね。

当たり前のようにやっていることでも、国が違えば文化も違ってきます。

クチャラーじゃなくても、何かの癖でやっていることが他人にとって不快となっている可能性があることを忘れないようにしましょう。

クチャラーは無自覚なことが多い

クチャラーは無自覚でやっているケースが多く、食べる時の音が気になると指摘しても、「何が?」で終わってしまいます。

ものごころついた時から無意識でやっていることなので、息をするのと同じように自然なことなんですね。

明らかに「わざとやってんだろ…」と感じるほど強烈な咀嚼音だったとしても、本人は気付いてないものです。

仮に気付いていたとしても、悪い事だとは感じていません。

だから、人前でも平気でクチャクチャ音を立てながら食べるのです。

クチャラーは他人の仕草に細かい人に多い?

僕が見てきた中でクチャラーに多かったタイプの人は、他人の行動には細かく突っ込むけど、自分の行動は大雑把な人に多い気がしました。

例えば、僕が持ってきた弁当を必ずガン見してチェックし、

  • うまそうだな
  • 高いやつ買ってきたのか
  • こうやって食べた方がうまいんだぞ

と細かく突っ込んでくるくせに、食事後にゲップをしたり大声でくしゃみをするなど、自分の行動はとにかく大雑把でした。

あなたの周りにいるクチャラーも同じ特徴をしていませんか?

【悲報】クチャラーは直らない

残念なことに、クチャラーは直ることはありません。

本人に指摘したところで、今まで当然のようにしてきた食べ方なので、自然と身についてしまっています。

僕は箸の持ち方が悪いと指摘されたことがあり、何度か直してみようと努力してみたのですが、結局元の持ち方に戻ってしまいます。

箸の持ち方に関しては無自覚で、正しい持ち方をすると違和感を感じてしまいますし、気を抜くと元の持ち方をしているものです。

クチャラーも同様に、自然と身についた技なので直ることはないでしょう。

それほど、人間の癖というのは厄介なものなのです。

クチャラーへの対策

本人に直接伝えたところで、人間関係が壊れてしまったり言い争いに発展する可能性があるためオススメできません。

何より、自然災害クラスの癖なので、意識して直しようがないため諦めるしかありません。

また、同じことをやり返す「クチャラー返し」も、自分がクチャラーと認識されたり、そもそも嫌とは感じていないので効果がなかったりします。

デメリットの方が大きいので、こちらもオススメできません。

  • 一緒の場所で食事をしない
  • 耳栓をする
  • 音楽を聴く

といったような、気をそらす方法がトラブルのない最善策といえるでしょう。

一度気になってしまうと、気にしないように振舞うほど気になってしまう悪循環に陥ってしまうものです。

ですので、はじめから離れた場所で食事をとることがストレスを溜めない有効な手段となります。

まとめ

一度気になってしまうと不快でしかない咀嚼音。

特に、部屋中に響くような爆音を巻き散らす人がいれば発狂しそうになりますよね。

残念なことに、クチャラーが直ることはありません。

  • 咀嚼音を立てることが悪い事だと思っていない
  • クチャラーだと認識していない
  • 息をするのと同じくらい自然な行為

と、もはや自然災害だと諦めるしかないのです。

クチャラーからの被害を避けるためには、同じ場所で食事をしないことが一番です。

癖というのは人それぞれで、私たちも知らないうちに他人を不愉快にさせている行動をしているかもしれません。

それでも周囲の人は耐えているので、自分が気に入らないからと相手に意見を押し付けるようなマネだけはしないようにしましょう。

 

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です