カウンター式フォークリフト

【上達のためのコツも紹介】フォークリフトの運転が難しい5つ理由

「ひたすら乗って覚えろ」

ということで、この記事ではフォークリフトの運転が難しいと感じる5つの理由について取り上げています。

  • どうすれば早く上達するんだろう
  • 何でフォークリフトの運転ってこんなに難しいのさ!

と若干キレ気味に悩んでいる方に向けて、

  • フォークリフトの運転が難しいとされる5つの理由
  • 明日から使える上達するためのコツ

を紹介しているので、運転技術の悩みを解消する内容になっています。

他にも、やってはいけない危険な操作も紹介しているので、フォークリフトでの事故を防ぐために役立ててください!

フォークリフトの運転が難しい理由①【種類によって感覚が違う】

出典:https://pixabay.com/

フォークリフトといっても様々な種類があります。具体的には、カウンターバランス式やリーチフォーク、サイドフォークなどですね。

これらのフォークリフトは、すべて操作の感覚が違います。

僕はカウンターバランス式をメインに扱っていたので、リーチフォークの運転ができません。

一度乗ってみたのですが、パレットに爪を挿すことすらままなりませんでした。それほど操作感覚が違うということですね。

しばらく運転すれば慣れるでしょうが、相応の時間はかかるものです。

運転に慣れている人間でも、操作するフォークリフトが違うだけでポンコツになってしまうもの。

運転を上達させるには、場数を踏むしかないということですね。

フォークリフトの運転が難しい理由②【車の運転と違う】

フォークリフトは後ろのタイヤで車体を操作しているので、車とは逆の動きをします。

そのため、車と同じ要領で操作しようとすると、想像とは違う動きをするので混乱してしまうわけです。

車の運転をしない人からすれば、変な先入観がない分すんなり操作感覚を受け入れることができるかもしれませんね!

まっすぐ走れない人のために

独特な操作感覚のために、「まっすぐ走ることが難しい!」と感じる方もいるでしょう。

まっすぐ走るためのコツとして、視線を前に向けましょう!これだけです。

運転している時、視線はどこを向いていますか?爪の先辺りを見ていませんか?

目の前にいきなり障害物が現れたら急ハンドルを切りますよね。視線を落とすことで、似たような状況になります。

目先の状況しか入ってこないため、自然とハンドル操作が荒くなってしまうのです。結果、まっすぐ走れないわけですね。

視線を前に向けることで、自分がどんな動きをしているのか、周りの状況をより正確に把握することができます。

余裕を持ったハンドル操作ができるので、自然と運転が落ち着いてくるのです。

慣れないうちは怖がって視線を落としてしまうもの。逆に視線を上げましょう。驚くほど改善されますよ!

ハンドル操作のコツ

上記のまっすぐ走るコツを実践すれば、自然とハンドル操作は上達します。

やってはいけないのが急ハンドルです。フォークリフトは、ちょっとのハンドル操作で曲がってくれます。

一度急ハンドルを切ってしまうと立て直すのが難しいので、もしハンドル操作がうまくいかずに車体がブレるようなら、一度停止して落ち着きましょう。

また、急ハンドルは荷崩れや車体の転倒の原因となってしまうので、ゆっくりハンドルを切ることを心がけましょう。

フォークリフトの運転が難しい理由③【ハンドル+爪の操作】

左手でハンドル操作、右手で爪の操作。同時にこなさなければいけないので、慣れないうちは混乱してしまうものです。

慣れないうちは、チルト(傾ける)操作・上下操作を一つずつ確実に操作するようにしましょう。

チルト操作の注意点

「爪を手前側に倒せば、荷物はマストが支えてくれるだろう」

と、全開に倒すのは止めましょう。荷崩れの原因になります。荷物を運ぶ際には、若干手前側に倒して走行しましょう。

また、高い場所へ荷物を置く際は、水平を保った状態で行うことが重要です。

前傾にすることで、フォークリフトが転倒する可能性があり危険です!

チルト操作は水平をとるためのものです。むやみに爪を傾けることは、事故につながるため避けましょう。急なチルト操作も、荷物が暴れるため厳禁ですよ!

パレットに乗ってる荷物が多くて前が見えない!見えにくい!!という時は、バックで走行しましょう。

視界不良での走行は、接触事故につながるため危険です!

フォークリフトの運転が難しい理由④【運ぶ荷物】

荷物によっては、崩れやすいものや滑りやすいものがあります。

そのため、荷物の種類によって運転の仕方を変える必要があるのも、フォークリフトの運転が難しいとされる要因の一つです。

ですが、運ぶ荷物は会社によって変わるもの。この方法が確実!というのはないんですね。

そこで、経験を積んでいる会社の先輩に、運ぶ際に注意が必要な荷物はないか聞いておきましょう。

可能であれば、どんな操作でどんな動きをするか、実際に試してみるのも一つの手です。荷物は破壊しないように・・・。

フォークリフトの運転が難しい理由⑤【重量によって感覚が狂う】

出典:https://www.photo-ac.com/

運ぶ荷物の重量によって運転の感覚は変わります。

重い荷物を運べば、旋回した時にフォークリフトのケツが大きく振ります。

軽い荷物と同じ感覚で旋回すると車体がブレてしまうので、ゆっくり旋回する必要があるわけです。

最大荷重ギリギリの荷物を運ぶと、ブレーキを踏んだだけでケツが浮くことがあるため、重心を低くして運ぶ必要があります。

荷物の重量を気にせず、高い場所へ荷物を上げると転倒する可能性があるため、荷物の重量にも気を遣うことが重要です。

最大荷重が1tだから、どんな状況でも1tの荷物が運べるわけではありません。

荷物を爪に乗せる位置、荷物の形、上げる高さによって変わるので注意しましょう。

フォークリフトの運転が難しいと感じたら

フォークリフトの運転は、実際に運転して感覚をつかむしかありません。どんなに運転の上手な人でも最初はポンコツです。

何より、ちょっとしたミスでも重大な事故につながりやすいのが、フォークリフトの運転です。

速さよりも正確さを重点に置いて、確実に作業をこなすようにしましょう。

とはいえ、仕事となると速さが求められるものです。「チンタラしてんじゃねぇ!」と怒鳴られるかもしれません。

そんな時は、最初に「操作に慣れてないんで作業が遅くなります!スイマセン!!」と謝っておきましょう。

少しでも相手に好印象を与えて、怒られることを回避するのです。世渡り上手も立派な武器ですよ!(笑)

まとめ

フォークリフトの運転は、車の操作と逆の動きをしてしまうため難しい印象を与えてしまいます。

早く業務に慣れたくて焦る気持ちはわかりますが、上達するには何度も運転するしかありません。

時には、荷物を傷つけて心が折れそうになることもあるでしょう。安心してください、誰しもが通っている道です。

今回紹介したコツが、少しでも運転上達につながってくれるよう祈っていますね!

【実務で使えるテクニック】フォークリフトでの積み込みのコツを伝授この記事ではフォークリフトで積み込みを行う際のコツについて取り上げています。 実践で使えるテクニックを紹介しているので、フォークリフトの操作技術向上の手助けになる内容になっています。...

資格を活かす仕事を探すなら

【正社員】【期間工】【所有資格】【寮完備】
工場求人に特化した転職サイトなら希望の求人が見つかる

【登録無料!】全国約15,000件の求人情報を扱う工場求人特化型サイト
細かい検索でこだわりの仕事を見つけるなら『工場ワークス』


【登録無料!】東証一部上場企業である日総工産株式会社が運営
大手メーカーの求人を探すなら『工場求人ナビ』

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です