働き方

【チャンス】レベルの低い職場は辞めるべき?後悔しない転職のために

  • レベルの低い会社ってどんなところなの?
  • レベルの低い会社で働いているけど、辞めるべき?

この記事では、上記のような悩みを解消できます。

結論から言えば、単に職場環境が気に入らない理由であれば転職を勧めません。

さらに上のステージで活躍したいというのであれば、転職を勧めます。

レベルの低い職場で働いていると、どうしてもモチベーションは下がってきますよね。

デメリットばかりに目がいってしまうものですが、レベルの低い会社で働くことによるメリットも存在します。

転職をしたけど後悔してしまった…。なんてことがないよう、自分にとって転職が必要なのか判断するため、当記事を役立ててください。

レベルの低い職場の特徴

働いていてウンザリするようなレベルの低い職場には、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

学歴の低い人が集まりやすい

「学歴が低い=仕事ができない」という訳ではありませんが、大企業で結果を残している人を見てみると、学歴の高い人ばかりです。

そういった人たちは、地頭がいいので難易度の高い仕事であっても問題なくこなすことができます。

レベルの高い人が集まると、自然と企業としてのレベルも上がっていき、優秀な人材がさらに集まっていくものです。

反対に、レベルの低い人が集まる会社には優秀な人はこないため、自然とレベルの低い会社となってしまう訳ですね。

僕も実際にいろんな人を見てきたのですが、優秀な人は高学歴の人が多く、レベルが低いと感じた人は学歴が低いことが多かったです。

誰にでもできる仕事

例えば僕が今WordPressで書いているブログ、資格はいらずパソコンさえあれば誰にでもできるような仕事ですよね。

ブログを書くだけなら誰でもできますが、WordPress自体を運営するとなると話は違ってきます。

PHPなどのプログラミング技術が必要になるので、誰にでもできる仕事ではなくなります。

誰にでもできる仕事というのは、敷居が低いぶんレベルの低い人でも務まるものです。

ですが、専門的な分野になると知識や技術を持った人が必要になりますよね。

内容の薄い仕事をしているということは、それだけレベルの低い人が集まりやすいということなのです。

整理整頓ができていない

仕事は段取り8割、仕事2割と言われるほど、前準備が重要になります。

整理整頓のできていないような環境で、まともに前準備をすることはできないですよね。

書類一つ探すのに手間取っているような会社であれば、それだけ仕事のスピードは遅くなります。

整理整頓ができているからこそ、スムーズに仕事の準備ができるのです。

どこに何があるのか分からないほど乱雑になっているような会社は、どんなに難易度の高い仕事をしていても、同業他社と比べて圧倒的に作業効率が悪いです。

ワンマン経営

社員の意見を一切聞かないような会社は、どんなに間違っていることでも経営者の気分次第で事が進んでしまうものです。

新しい方法や効率的な方法があったとしても、取り入れてもらえなければ職場の環境は変わらないのでレベルの低いままです。

そういった会社では社員自らが考えることをせず、経営者の顔色だけを窺って仕事をしているので、仕事の効率は二の次になります。

経営者が無能であるほど、自らの首を絞めていく会社になっていきます。

一時期は飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していたけど、現在では大量閉店している会社をメディアで目にしたことはありますよね。

離職率が高い

離職率が高い会社は人材が定着していないので、いつまでたっても新入社員の入れ替わりが激しく、新入社員が成長することはありません。

社員が成長しないことで、自然と会社の技術レベルも落ちていくことになります。

離職率が高いということは、会社側に何かしらの問題を抱えているため、優秀な人間は早めに見切りをつけて退社していくものです。

その結果、職歴の浅い人やレベルの低い人しか残らないので、仕事の内容も簡単なことしか出来なくなっていきます。

人間関係が悪い

レベルの低い職場は、仕事のことよりも愚痴や噂話を好む人が集まるものです。

変わらない現状に対して文句を言うだけで、自分で環境を変えようとする努力すらしません。

また、陰口や噂話をすることで他人を仲間外れにしたり、いじめを行うなど下らない行為をしてしまうものです。

集中して仕事ができない時点で、レベルが低いのが見てとれますね。

お互いが至るところで陰口や愚痴をこぼしているため、表面上は取り繕っていても職場内の人間関係は最悪なものです。

仕事への意欲が低い

仕事への意欲が低いので、自ら進んで新しい業務に取り組んだり、意見を述べたりすることはありません。

現状の楽な職場環境に満足しているので、何も考えずロボットのように日々の仕事をこなします。

会社側も、それに対して何も対策をすることはないため、いつまでたっても会社が成長することはありません。

会社の方針がそうであれば仕方のないことなのですが、もっと仕事をしたいという人にとっては物足りないですよね。

そのため、優秀な人材は早い時期に退職していきます。

レベルの低い職場のメリットとデメリット

レベルの低い会社といっても、デメリットだけではありません。

メリットもあるので、職場の環境に不満を持っている人は、レベルの低い職場で働くメリットを最大限に活かしてみてはいかがでしょうか。

レベルの低い会社で働くことのメリット

レベルが低いと感じているのであれば、その会社にとってあなたは優秀な人材なのでしょう。

せっかく周りが動かない環境なのですから、自分が自発的に動くことでスキルアップすることができます。

今の状況で効率の良い仕事の進め方を考えたり、他の人を上手に動かすマネジメント能力を磨けたりと、優秀な人材の集まる大企業では簡単にできるものではありません。

また、自発的に動けるのであれば、自分の働きやすい環境へと持っていくことが可能なので、絶好のチャンスと見るべきです。

レベルの低い会社で働くことのデメリット

レベルの低い人が集まることで、自分自身もレベルの低い人間になってしまう可能性があります。

「周りがやる気ないなら自分だけやる気を出しても無駄だな」

と腐ってしまっては、自分も同じ人間になってしまいます。

また、ワンマン経営をしているような会社であれば、どんなに頑張っても報われることはないでしょう。

前の項目でも解説しましたが、レベルの低い会社の特徴には誰にでも出来る仕事というのがあります。

誰にでもできる仕事は基本的に賃金が安い傾向にあるため、高い給料を貰うことは難しいと考えておきましょう。

レベルの低い職場は辞めるべき?

現状とあまり変わらない環境を望むのであれば、辞める必要はありません。

なぜなら、職場の環境改善をあなたの力で行うことができる可能性があるからです。

利益を上げることは会社にとって嬉しいことです。レベルが低いと感じるのであれば、効率化を図ればいいだけですからね。

現状よりさらに上を目指したい、会社が環境の改善を認めないのであれば転職を勧めます。

上記のような会社の場合は、あなたが望むような職場環境にもっていくことが無理だからです。

早めに見切りをつけて、自分の力を発揮できる会社で働いた方がいいでしょう。

レベルの低い職場から転職する際の注意点

レベルの低い会社から転職する際には、以下の点に注意しましょう。

自分を過信しない

レベルが低いと感じるのであれば、あなたはレベルの高い人なのでしょう。ですが、あくまでも自分が働いている会社の中での話です。

一つの会社でそれなりに仕事ができるからといって、他の会社でも同じように仕事ができるとは限りませんよね。

むしろ、レベルの高い会社に転職することで、今までの自信が打ち砕かれる可能性が非常に高いです。

自分の力を過信しすぎると転職をして後悔することになるため、自分の力量は見極めておくことが大切です。

見下さないようにする

レベルが低いと感じている時点で、その会社のことを見下しているものです。

転職活動や新しい職場で働く際に、

「自分は職場で結果を残している人間だ」

という自信が、意識していないところで見下したような態度をとってしまいます。

自信を持つのは悪い事ではありませんが、転職活動ではそのプライドが邪魔になってしまうことがあるでしょう。

また、見下すような態度は、転職先で働いている人からすれば気分のいいものではありません。

一から出直すつもりの心構えで転職活動をすれば、余計なプライドは生まれません。

そういう態度で転職をした方が、転職先でも人間関係が上手くいきやすいですよ!

まとめ

レベルの低い会社で働くことは、デメリットばかりではありません。

周りが仕事に対しての意欲が低いのであれば、自分が様々な業務に挑戦することのできるチャンスです。

退職をするのはいつでもできますが、転職をして後悔してしまっても手遅れです。

今の職場よりさらに上のステージで活躍したいのか、単に職場の環境に不満なのか、よく考えたうえで進退を決めるようにしましょう。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です