ハラスメント行為

【サイコパス】マイクロマネジメントによるハラスメント行為の危険性

  • マイクロマネジメントする人間って何考えてるの?
  • 対策や防ぐ方法ってないの?

当記事では、こんな疑問に答えています。

僕も被害に遭った経験がありますが、過剰な干渉によって精神的に追い詰められました。

上司は部下を支配しようと、異常とまでいえる行動をとってきます。

そのような環境で働くことの危険性を解説しているので、マイクロマネジメントに苦しんでいる方は参考にしてください。

マイクロマネジメントハラスメントって何さ?

  • 部下を監視する
  • 部下の仕事に過剰に干渉してくる
  • 細かい点まで管理して支配する

上記のように、部下に対して過剰に干渉することで、精神的に追い詰めたり不利益を与えるのがマイクロマネジメントハラスメントです。

  • 服装や言葉遣いにまで指示してくる
  • 必要以上に細かい報告をさせられる
  • 上司の仕事に関する価値観を押し付けてくる

具体的なハラスメント被害として上記のものが挙げられます。

部下からすれば、自発的に動くことを阻害されてしまうため、成長する機会がなくなることに繋がるでしょう。

また、過剰に干渉されることで精神的に追い詰められるケースもあります。

マイクロマネジメントをする人の心理とは

ウザいとも思える上司の行動。

なぜマイクロマネジメントに走ってしまうのか、ハラスメント行為をする上司の心理を見ていきましょう。

自分の仕事に絶対の自信がある

自分の実力で上司にまで上り詰めたことから、自分の仕事に対して絶対の自信を持っているものです。

成功した経験から自分の仕事の進め方が正しいと思い込んでいるため、部下に価値観を押し付けてしまいます。

一見すると、部下に対して仕事をしっかり教えてくれる印象をもちますよね。

ですが、部下の意見を聞かなかったり、部下の考え方を尊重しないので、こちらとしては自発的に動く意味がないと感じてしまいます。

部下を信用していない

必要以上に報告を求めたり、部下に自発的な行動を促さないのは、部下のことを信用していないからです。

自分の監視下に置くことで、部下が勝手な行動をせずミスを防げると考えています。

自分の考えが正しいと思い込んでいるからですね。

部下を育てられる上司は、部下の意見を尊重しながらも、必要であればアドバイスを与えるもの。

つまり、マイクロマネジメントをする上司は部下を育てられないということです。

承認欲求が強い

自分を認めてほしい、認められたいという承認欲求が強いものです。

ミスがあれば自分が責任を取らされるという思いから、監視をすることで部下が余計なことをしないか確認しています。

万が一部下のミスが会社側に知れてしまい、自分の評価が下がることを恐れているんですね。

部下のために面倒を見ていると言われるかもしれませんが、結局は自分の評価のためなので注意しましょう。

マイクロマネジメントを防ぐ方法はない

マイクロマネジメントをする上司を変えようとすることは不可能です。

また、防ぐための手段もありません。

僕もマイクロマネジメントの餌食になったことがありますが、サイコパスそのものでした。

下手に逆らおうものなら何をされるかわかったものではないので、手が付けられません。

怒らせないために上司の話をしっかり聞くという対策もありますが、根本的な解決にはならず、支配されることには変わりないです。

あえて対策を挙げるとすれば、マイクロマネジメントをする上司から離れることですね。

マイクロマネジメントをされるなら退職一択

前の項目でも解説しましたが、マイクロマネジメントをする上司から逃れるためには離れるしかありません。

こればかりは運がなかったと諦めるしかないです。

自分が認められるためなら、部下を監視して支配しようとする人間なんてまともではないですよね。

また、そんな上司の元で働いても、成長の機会を奪われるのでステップアップは絶望的といえるでしょう。

厄介なことに、マイクロマネジメントをする上司は、上の立場の人に媚びるため評判がいいものです。

戦ったところで、会社側は上司を評価しているので無駄に終わるでしょう。

そのため、退職をして人間関係をリセットするのが最善策です。

ストレスなく退職をするためには

  • 退職を申し入れると何をされるか分からない
  • 退職を申し入れたら脅しや強い引き留めにあった
  • 会社に行くのがツライ
  • 退職の際に未払い賃金や有給休暇の交渉をしたい

中には、上記のような悩みを抱えている方もいることでしょう。

ストレスの溜まっている状態で退職を切り出すのは、神経が擦り減るもの。

また、有給休暇や未払い賃金の取得をしたくても、理不尽に断られるケースは非常に多いです。

そこで、会社に退職の申し入れをしたくても出来ないと悩んでいる方は「退職代行サービス」の利用を勧めます。

退職代行サービスを利用することのメリットとして以下が挙げられます。

  • 会社に顔を出さずに退職することができる
  • 会社とのやり取りが不要
  • 離職票などの必要な書類の発行依頼が可能
  • 未払い賃金や有給休暇の交渉が可能(※退職代行による)

退職に関する法律の知識も持ち合わせているため、合法的に退職に結び付けられるのが最大の強みですね。

ただし、退職代行の中には悪質な業者がおり、退職ができないといったトラブルにつながりかねないので、利用する前に最低限の知識を身につけることでトラブルを回避することができるでしょう。

☟の記事では、退職代行に関するポイントや疑問を解説しているので、退職代行を利用する前に一読することを勧めます。

【完全版】退職代行とは?利用に関する疑問やポイントを完全網羅この記事では、退職代行を利用するか悩んでいる方に向けた記事です。 退職代行に関する疑問をすべて答えているため、この記事だけで退職代行について理解できる内容になっています。 実際に僕が退職代行に相談した時の状況も紹介しているので、参考にしてみてください。...

当サイトでは、合法性・料金・サービスの質をトータルで比較した結果、退職代行ガーディアンを一番にオススメしています。

☟の記事でもオススメの退職代行サービスを紹介しているので、選ぶ際の参考にしてください。

【トラブル回避】退職代行のおすすめTOP5!気になる点を徹底調査この記事では、実際に相談をしてみた結果をもとに、オススメの退職代行をランキング形式で紹介しています。他にも、退職代行を選ぶ際のポイントや利用する前の注意点も紹介しているので、退職代行をめぐるトラブルを回避するために役立つ内容になっています。...

まとめ

部下に対して過剰に干渉することで、精神的に追い詰めたり不利益を与えるのがマイクロマネジメントハラスメントです。

  • 自分の仕事に絶対の自信がある
  • 部下を信用していない
  • 承認欲求が強い

という心理から、部下を監視して支配しようとするため、有効な対策や防ぐための方法はありません。

残念ながら、マイクロマネジメントから逃れるためには、上司から離れるしかないのが現実です。

世の中にはどうしようもないタイプの人間がいるもの。

自分の成長が望めないだけでなく、追い詰められて精神的に参ってしまう可能性もあるため、退職して離れることを強く勧めます。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です