辞めたい

やる気が出ないから仕事辞めたいと思う前に…その選択は間違ってる?

  • やる気が出ないから仕事を辞めるのは正しい?
  • 辞めるべきか続けるべきか判断できない!

当記事では、こんな疑問に答えています。

何をやってもやる気が出ず、辞めたいと思うケースは少なくありません。

別に職場に不満はないけど、やる気がないから辞めたい…

ここで辞めるのが正しいことなのか不安になったりしますよね。

僕自身も、何度もやる気のない状態になったことがあります。

そこで、過去の経験から、やる気がなくなって辞めたいと感じた時に、辞めるべきケースと続けるべきケースを解説しています。

自分の進退を決めかねている人の役立つ内容になっているので、参考にしてみてください。

やる気が出ないで仕事を辞めるのはどんな時?

労働内容に対して給料が見合っていない

責任感のある仕事だったり、危険を伴う仕事、激務なのに給料が明らかに安すぎる。

そんな環境で働いてもやる気なんか起きるはずがありません。

労働内容に対して見合ってない給料だった場合、長く働くだけ時間とお金を無駄にすることになります。

仕事をするにしても、給料の高い場所で働いた方が自分にとってプラスにはなるもの。

仕事内容に見合った報酬を支払わない時点で、やる気以前に社員の生活を考えていない職場であるといえます。

労働環境が劣悪

長時間労働や休日出勤が当たり前のようにまかり通っている職場では、仕事への疲れからやる気が起きないケースがあります。

また、責任の大きすぎる仕事を単独で任されたり、身体的に危険の大きい仕事をすれば、

「この仕事をこれから先も続けれるのは無理かも…」

とやる気をそぐ原因にもなります。

そのような職場では、やる気のない状態で続けたところで体を壊すだけなので辞めた方がいいでしょう。

体を壊したり、事故に遭ってしまえば取り返しのつかない事態になってしまいす。

自分の健康を第一に考えれば、辞めた方が自分にとってプラスになるでしょう。

ハラスメント行為が横行している職場

  • 自発的に動くことを許されない
  • パワハラやセクハラをされている

ハラスメント行為をされることで、仕事に対してのモチベーションは下がっていくもの。

ハラスメント行為は相手を追い詰める行為なので、耐え続ければ精神的に病んでしまうことでしょう。

精神的に病んでしまえば、日常生活にまで支障をきたしてしまうもの。

耐え続けたところでメリットはないですし、健康を害する危険な職場なので、早急に離れることを強く勧めます。

仕事内容や職場の人間関係が合わない

仕事や職場環境の合う・合わないは誰にでも起こり得ることです。

合わない環境で働き続けても、環境が改善されることはないでしょう。

仕事が合わなければミスを繰り返すので、いつまでも評価されることはありません。

職場の人間関係に問題があればストレスが溜まるだけです。

合わない職場で働き続けることに意味はないですよね。

体に変調をきたしている

すでに体に変調をきたしている場合には、危険信号が出ているので早急に辞めることを勧めます。

健康な体があってこそ仕事ができるもの。

体を壊している状態では、ネガティブなことしか考えないので泥沼にはまる一方です。

一度体を休ませることに注力しましょう。

やる気が出なくても続けた方がいいケース

ホワイトな環境の職場

ホワイトな環境で働けるのは狙ってできることではありません。

やる気が出ないのであれば、淡々と仕事をこなせばいいだけです。

何も100%の力だったり、やる気MAXで仕事をしなければいけない決まりはありません。

せっかくのホワイトな環境なので、明確な目的がない限りは続けるべきでしょう。

仕事や職場に飽きただけ

職場環境や人間関係には不満がなく、単純に仕事や職場に飽きただけなら続けた方が後悔しないでしょう。

安易に辞めて転職をしたところで、今の職場より満足できる可能性は非常に低いでしょう。

やる気のない状態で転職をしたところで、やる気が回復することはありません。

問題のない環境であれば、現状維持が最も適した選択といえます。

なぜやる気が出なくても続けた方がいいの?

やる気が出ないのは一時的なものかもしれません。

これから先、立ち直って仕事をしようと思っても、劣悪な環境だったらまたやる気がおきなくなってしまうでしょう。

職場環境や人間関係に問題がないのであれば、将来を見越して続けておくべきです。

あの時辞めなければ良かった…と後悔しても手遅れになります。

ダラダラと続けるだけでもいいので、辞める選択は考え直すべきです。

どうしても我慢できなければ辞めるのもあり

出典:https://www.photo-ac.com/

どうしても我慢できない!という方は、無理せずに辞めるのも一つの手です。

ただし、転職先を見つけてから辞めるようにしましょう。

人間は楽な選択を選ぶもの。

仕事を辞めてブランクが空けば、働く気が起きずに転職までの時間がかかるものです。

収入がないと生活できないのが現実。

何度も言いますが、やる気のない状態でもいいので、仕事のブランクを空けないようにだけしましょう。

【ジャンル別】オススメの転職サイト・転職エージェント6選この記事では、オススメの転職サイトと転職エージェントを紹介しています。 【大手求人サイト】【特化型の転職エージェント】【ITスクール型の転職支援サイト】とジャンル別に紹介しているので、どの転職サイトを利用するか悩んでいる方にとって役立つ内容になっています。...

まとめ

やる気が出ないで辞めたいと感じて時、辞めるべき状況と続けるべき状況をまとめると、

辞めるべき状況
  • 労働内容に対して給料が見合っていない
  • 労働環境が劣悪
  • ハラスメント行為が横行している職場
  • 仕事内容や職場の人間関係が合わない
  • 体に変調をきたしている
続けるべき状況
  • ホワイトな職場の環境
  • 仕事や職場に飽きただけ

になります。

やる気が出ない理由は人それぞれですが、一時的なものなので早急な判断は危険といえるでしょう。

これから先を見越したうえで、後悔のない選択をしましょう。

仕事は100%ややる気MAXでやる必要はありません。

ダラダラと続けるのも処世術の一つということを認識しておきましょう。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です