辞めたい

バイトを辞めたいなら辞めるべき!人手不足の退職拒否は違法行為

  • 人手不足が理由でバイトを辞められない!
  • どうすればトラブルなく辞めることができるの?

当記事では、こんな疑問に答えています。

人手不足を理由に、

  • 周りに迷惑をかけてしまう
  • 退職を拒否される

といったことは、慢性的に人材不足な職場ではよくあることです。

辞められないせいで目的を果たすことができずに悩んでいる方もいるでしょう。

そこで、問題なくバイトを辞めるための方法だけでなく、退職のルールについても解説しています。

退職のルールを理解すれば、人材不足を理由に退職できないのは違法であることが理解できます。

バイトといえど人生に影響を与えるものなので、後悔しない選択をするための役に立ててください。

【人手不足は関係ない】バイトで辞めたいと感じたら辞めるべき

結論から言えば、バイトを辞めたいと感じたなら辞めるべきです。

  • 人手不足だから同僚に悪い
  • 人手不足を理由に拒否される

どのような理由であっても、辞められない理由にはなりません。

続ける気のないバイトを続けたところで、時間を無駄に過ごすだけですよね。

また、目的があるのであれば目的達成の阻害要因にもなってしまいます。

といっても、どうして辞めても問題がないのか、理由がわからないと納得できないもの。

次の項目から退職について詳しく解説していきます。

退職とありますが、バイトを辞めるのも退職になるので同じ意味として捉えてください

退職について知ろう

民法では、退職について以下のように定められています。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:総務省 e-Gov 民法第六百に十七条

「3か月限定!」などと違い、雇用期間に定めがないバイトなら、いつでも退職の意思を伝えることができます。

これは、退職は誰にでも与えられた権利であり、それを拒否することは法律で認められていません。

ただ、退職の申し入れは、遅くても退職日の2週間以上前に伝える必要があります。

ですので、「今日でバイトを辞めたい!」といったように、2週間を経過する前に辞めたいと伝えるのはルール違反なので止めておきましょう。

バックレは厳禁

  • なんか面倒だからバックレよう
  • 退職を認めてくれないからバックレよう

バイトだからどうでもいい、バイト先が辞めさせてくれないからといってバックレるのはオススメできません。

先程も解説した通り、遅くとも退職日の2週間以上前には退職の意思を伝えるのがルールとなります。

バックレはルール違反となるので、「いきなり辞められて損害を受けた!」と、職場から損害賠償を請求され可能性があるでしょう。

余計なトラブルを避けるために、バックレだけは絶対に止めておきましょう。

バイトの人手不足は会社の問題

  • 人材不足なので今やめてしまったら職場に迷惑がかかる
  • 人材不足なので止めたら同僚に迷惑がかかる

仕事が忙しいのであれば、それに見合った人数を配置するのが会社の役目です。

職場の人材不足は会社側の責任ですので、あなたが気に病む必要はありません。

また、慢性的な人材不足の職場は普通にブラック気質なので、続けるのはオススメできません。

もう一度言いますが、バイトを辞めるのに人材不足は全く関係ないので気にしないようにしましょう。

バイトを辞めたいと伝えるにはどうすればいい?

2ヶ月前に辞めたいと伝えるのが最善ではないでしょうか。

  • 引継ぎに要する時間
  • 人材の補充にかかる期間

を考えれば、1ヶ月では足りないので、会社側の都合も考慮して2ヶ月前には退職の意思を伝えるのが最善策です。

ちなみに、僕は退職する際には2ヶ月前に伝えていますが、トラブルに発展したことはありません。

退職をするのは自由ですが、職場に迷惑がかかるのには変わりないので、相手側の都合を考慮することも大切です。

人手不足を理由に退職を拒否されたら

 

方法は2つあります。

  • 退職届を職場に内容証明郵便で送ったのち、2週間後にバックレる
  • 退職代行サービスを利用する

それぞれ見ていきましょう。

退職届を職場に内容証明郵便で送ったのち、2週間後にバックレる

内容証明郵便ってなんなの?と疑問に思いますよね。

内容証明郵便とは、「いつ」「誰が」「誰に」「どんな内容で」送った郵便物を、日本郵便が証明するサービスとなります。

法的な効力はありませんが、日本郵便が証明するというだけで信用性は担保されています。

ただ、普通に封筒に入れて出すのとは違い、多少の面倒くささはあります。

  • 原本1通(相手に送る)
  • 原本のコピー2通(自分と郵便局の控え)
  • 封筒(相手と自分の住所の記載が必須)

が必要となります。

封筒に原本を入れてノリ等で貼り付けず、封筒に入れていない状態で郵便局へ持っていきましょう。

また、書式にも決まりごとがあるので、こちらを参考に作成しましょう。

内容証明郵便で退職届を送ることで、退職の意思を伝えたことが証明できます。

ですので、2週間経過した後にバックレてもこちらはルール通りに通告しているので、退職を認めない会社側に問題があるわけですね。

ちなみに、職場が「そんなの届いてない」としらばっくれても、郵便局が配達したことを証明してくれるので問題ありません。

退職代行サービスを利用する

面倒ごとが嫌いな人にはオススメの方法ですね。

退職代行サービスはバイトを辞めたい方でも利用することができます。

しかも、合法的に退職できるだけでなく、退職の手続きを退職代行が全て行ってくれるので手間がかからないメリットがあります。

デメリットとしては、費用がかかることと悪質な退職代行に依頼する可能性があることですね。

当サイトでは、安心して利用できる退職代行サービスを理由付きで紹介しています。

どれを利用していいのか悩む方は、以下に紹介する退職代行を利用すれば失敗することはありません。

退職が難しい職場なら『退職代行サービス』を利用する

  • 退職を申し入れると何をされるか分からない
  • 退職を申し入れたら脅しや強い引き留めにあった
  • 会社に行くのがツライ
  • 退職の際に未払い賃金や有給休暇の交渉をしたい

中には、上記のような悩みを抱えている方もいることでしょう。

ストレスの溜まっている状態で退職を切り出すのは、神経が擦り減るもの。

また、有給休暇や未払い賃金の取得をしたくても、理不尽に断られるケースは非常に多いです。

そこで、会社に退職の申し入れをしたくても出来ないと悩んでいる方は「退職代行サービス」の利用を勧めます。

退職代行サービスを利用することのメリットとして以下が挙げられます。

  • 会社に顔を出さずに退職することができる
  • 会社とのやり取りが不要
  • 離職票などの必要な書類の発行依頼が可能
  • 未払い賃金や有給休暇の交渉が可能(※退職代行による)

退職に関する法律の知識も持ち合わせているため、合法的に退職に結び付けられるのが最大の強みですね。

ただし、退職代行の中には悪質な業者がおり、退職ができないといったトラブルにつながりかねないので、利用する前に最低限の知識を身につけることでトラブルを回避することができるでしょう。

☟の記事では、退職代行に関するポイントや疑問を解説しているので、退職代行を利用する前に一読することを勧めます。

【完全版】退職代行とは?利用に関する疑問やポイントを完全網羅この記事では、退職代行を利用するか悩んでいる方に向けた記事です。 退職代行に関する疑問をすべて答えているため、この記事だけで退職代行について理解できる内容になっています。 実際に僕が退職代行に相談した時の状況も紹介しているので、参考にしてみてください。...

当サイトでは、合法性・料金・サービスの質をトータルで比較した結果、退職代行ガーディアンを一番にオススメしています。

☟の記事でもオススメの退職代行サービスを紹介しているので、選ぶ際の参考にしてください。

【トラブル回避】退職代行のおすすめTOP5!気になる点を徹底調査この記事では、実際に相談をしてみた結果をもとに、オススメの退職代行をランキング形式で紹介しています。他にも、退職代行を選ぶ際のポイントや利用する前の注意点も紹介しているので、退職代行をめぐるトラブルを回避するために役立つ内容になっています。...

まとめ

雇用期間に定めがななければ、いつでも退職の意思を伝えることができます。

これは、正社員でもバイトでも変わりがなく、退職日の2週間前に退職の申し入れをすれば退職できると定められています。

バイト先の人材不足は会社側の問題なので、人材不足を理由に退職を拒否することはできません。

ただ、円満に退職をするために引継ぎや人員確保の期間を考え、2ヶ月前に退職の申し入れをするのがいいでしょう。

どうしても辞めさせてくれないブラックバイトであれば、退職代行を利用して辞めるのも一つの手です。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です