パワハラ

【身近にいる】パワハラする人にありがちな7つの特徴【危険人物】

  • パワハラする人の特徴を教えて!
  • パワハラへの有効な対策ってあるの?

当記事では、こんな疑問に答えています。

自分の職場にパワハラ気質の人がいないか気になるものですよね。

見た目では判断することが難しいのが現実です。

そこで、実際に一緒に働くことで判断できる、パワハラをする人の特徴を7つ紹介しています。

当てはまるものが一つでもあれば危険人物なので、判断材料の一つとして参考にしてみてください。

パワハラをする人の特徴7つ

ここでは、パワハラをする人にありがちな特徴を7つ挙げています。

一緒に働いている人で一つでも当てはまるものがあれば、パワハラをしてくる可能性が高いため要注意です!

口が達者

口が達者な人は頭の回転が速く、どのようなトラブルにも柔軟に対処できる長所があります。

ですが、裏を返せば、言い合いになった時には簡単に論破されてしまうものです。

正論を振りかざして相手を追い詰めることを得意としているので、同僚に対しても同じことをしてくる可能性はあります。

また、言葉に説得力があるため、言葉で人を洗脳することも可能なわけですね。

個人的には、いちばん危険なタイプであるといえます。

上司や社外の人には人あたりがいい

パワハラをする人は承認欲求が強い傾向にあるため、自分より立場が上の人には媚びるものです。

また、普段は人あたりが良く、職場外の人には評判がよかったりするもの。

パワハラ被害者からすれば、何でこんなに評判がいいの?と感じるかもしれませんが、二重人格じゃないかと思うほど性格がガラリと変わります。

その代わり、自分にとってメリットがないと思った人には掌を返します。

自分を認めてもらうためには何でもするので、外面の良い人には注意しておきましょう。

平気で嘘をつく

平気で嘘をつく人は良心の呵責が欠落しているものです。

  • 自分の評価を上げる
  • 他人を貶める
  • 面倒ごとから逃げる
  • ミスを隠す

自分にとって都合のいいように真実を捻じ曲げてくるため、周囲の人は振り回されることもあるでしょう。

「噓つきは泥棒の始まり」という言葉がある通り、善悪の認識が欠落してきます。

そのため、人を傷つけることに対して罪悪感を感じなくなってしまうわけですね。

人によって態度を変える

人によって態度を変える人は、人を見下しているものです。

自分より下の立場の人には横柄な態度をとり、立場が上の人には媚びるもの。

見下している人間には何をしてもいいと感じているので、パワハラ行為をしてしまいます。

平等に接している人はそんなことをしませんよね。

職場内の人だけでなく、飲食店やコンビニの店員に対しても横柄な態度をとるような人には注意しましょう。

自分の事ばかり言ってくる

承認欲求が強く、自分が認められることに異常なまで執着します。

  • オレって頑張ってるだろ?
  • オレだけ頑張って可哀想
  • オレがいないとダメだな

などと、自分の事しか目がいきません。

被害者意識も強く、何かあれば自分は被害者のように振舞うため、パワハラをしても悪という認識がないのです。

自分の事ばかりで他人に対して配慮できないので、自己中心的な言動や行動をしやすい傾向にあります。

暴力的な言動や発言が目立つ

暴力的な言動が目立つ人は、そのまんま攻撃的な人です。

物事は暴力で解決しようとし、相手を委縮させることで支配しようとします。

身体的な暴力に関して何も感じていないので、危険なタイプといえるでしょう。

暴言を吐くような人でも、激昂して理性が吹っ飛べば暴力を仕掛けてくるため、下手に刺激しないよう努める必要があります。

他人の意見を聞こうとしない

自分が正しいと思い込んでおり、他人の意見を受け入れようといない人はパワハラをする傾向にあります。

自分の意見を押し付けたり、仕事の進め方を強制させることで、自分が正しいと認識できるのでしょう。

意見を拒否したり、他の意見を述べようものなら異常なほど恨んできます。

嫉妬深く、被害者意識が強いための行動ですね。

  • オレの言うことだけ聞いてればいいんだ
  • オレの言うことが正しいだろ?

などと、自分が正しいという意見を口にするようなら、パワハラ気質な人といえます。

パワハラをする人の性格は直らない

  • 幼少期の家庭環境
  • 職場で同じ扱いをされた

など、今までの環境によって歪んだ性格になっているので、改善させることは不可能です。

指摘や注意をされて一時的に収まったとしても、時間がたてば同じことを繰り返すでしょう。

人の性格を変えることは簡単なことではありません。

出会ったのは運がなかったと諦めるしかないのが現実です。

パワハラへの有効な対策は?

パワハラをする人の性格が直らないのであれば、有効な対策はありません。

こちらが距離を置いたとしても、パワハラをする人は近寄ってくるから困ったものです。

理不尽なことで怒鳴られたり、暴力や暴言が収まることはないので、一緒に働いている以上は被害がなくなることはありません。

近年ハラスメント行為が注目されてきているのは、有効な対策がなく、被害が収まる気配がないことも要因の一つかもしれませんね。

パワハラ被害を解決するための最善策は退職

パワハラ問題を解決させるには、「その人から離れること」です。

一緒の職場で働いている以上は被害がなくなることはありません。

それなら、退職をして人間関係をリセットするのが最善策でしょう。

会社や公的機関に相談したり、訴訟を起こすことも手段の一つですが、確実に解決するとは限りません。

むしろ、逆恨みで状況が悪化するリスクがあるため、仕返しはオススメはできません。

時間が解決してくれる問題ではないことを認識しておきましょう。

ストレスなく退職をするためには

  • 退職を申し入れると何をされるか分からない
  • 退職を申し入れたら脅しや強い引き留めにあった
  • 会社に行くのがツライ
  • 退職の際に未払い賃金や有給休暇の交渉をしたい

中には、上記のような悩みを抱えている方もいることでしょう。

ストレスの溜まっている状態で退職を切り出すのは、神経が擦り減るもの。

また、有給休暇や未払い賃金の取得をしたくても、理不尽に断られるケースは非常に多いです。

そこで、会社に退職の申し入れをしたくても出来ないと悩んでいる方は「退職代行サービス」の利用を勧めます。

退職代行サービスを利用することのメリットとして以下が挙げられます。

  • 会社に顔を出さずに退職することができる
  • 会社とのやり取りが不要
  • 離職票などの必要な書類の発行依頼が可能
  • 未払い賃金や有給休暇の交渉が可能(※退職代行による)

退職に関する法律の知識も持ち合わせているため、合法的に退職に結び付けられるのが最大の強みですね。

ただし、退職代行の中には悪質な業者がおり、退職ができないといったトラブルにつながりかねないので、利用する前に最低限の知識を身につけることでトラブルを回避することができるでしょう。

☟の記事では、退職代行に関するポイントや疑問を解説しているので、退職代行を利用する前に一読することを勧めます。

【完全版】退職代行とは?利用に関する疑問やポイントを完全網羅この記事では、退職代行を利用するか悩んでいる方に向けた記事です。 退職代行に関する疑問をすべて答えているため、この記事だけで退職代行について理解できる内容になっています。 実際に僕が退職代行に相談した時の状況も紹介しているので、参考にしてみてください。...

当サイトでは、合法性・料金・サービスの質をトータルで比較した結果、退職代行ガーディアンを一番にオススメしています。

☟の記事でもオススメの退職代行サービスを紹介しているので、選ぶ際の参考にしてください。

【トラブル回避】退職代行のおすすめTOP5!気になる点を徹底調査この記事では、実際に相談をしてみた結果をもとに、オススメの退職代行をランキング形式で紹介しています。他にも、退職代行を選ぶ際のポイントや利用する前の注意点も紹介しているので、退職代行をめぐるトラブルを回避するために役立つ内容になっています。...

まとめ

パワハラをする人の特徴をまとめると、以下の通りになります。

  • 口が達者
  • 上司や社外の人には人あたりがいい
  • 平気で嘘をつく
  • 人によって態度を変える
  • 自分の事ばかり言ってくる
  • 暴力的な行動や発言が目立つ
  • 他人の意見を聞こうとしない

これらの特徴に当てはまるのは、他人のことを考えず、自分の体裁のことしか考えていないことです。

物心ついた時から染み付いている性格なので、直ることはありません。

パワハラを解決するための最善策は「その人から離れること」です。

耐え続けて体を壊してしまってからでは手遅れなので、動けるうちに環境を改善するための行動をすることが重要です。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です