辞めたい

【実践済み】仕事を辞めたい…上司に伝えるオススメの退職理由4選

  • 仕事を辞めると上司に伝える際の注意点を知りたい
  • 仕事を辞める理由が思いつかない!

当記事では、こんな疑問に答えています。

上司に仕事を辞めたいと伝えたいけど、理由が思いつかなくて悩むものですよね。

退職を決意するのですから、職場に対していい印象を持ち合わせていないのは当然のことです。

でも、理由を正直に言えば怒鳴られたり引き留められるかもしれない。

そこで、僕が実践した揉め事を避けるための退職理由を紹介しているので、退職理由が思いつかず悩んでいる方は参考にしてください。

上司に仕事を辞めたいと伝える際のポイント

強い意志をもって退職を決意する

上司に退職の意思を伝えた際、

  • 改善するから考え直して
  • 君がいないと仕事が回らない

といったように、不満を解消させようと好条件を提示されることがあります。

心が揺らいでしまいますが、何をしても退職の意思は変わらないことを伝えましょう。

「どうしようかな?」と迷った素振りを見せた瞬間に、上司は脈ありとつけこんできます。

上手く丸め込まれてダラダラ引き伸ばされるケースは何度も見てきました。

何を言われても意思を曲げないと心に決めましょう。

嘘も方便

仕事を辞めたいと思うほどなので、会社に対していい印象を持ち合わせていないのは当然のことです。

ですが、それを正直に話してしまえば

  • 甘ったれるな
  • どこ行っても通用しないぞ

などと言われて、退職をうやむやにされてしまう可能性があります。

目的は退職をすること。

そのためには、嘘をつくことも必要になります。

いかに穏便に退職するか集中するようにしましょう。

バックレは厳禁

バックレるのだけは絶対に止めましょう。

以下に紹介する退職に関わる手続きや、転職活動に影響がでてしまいます。

  • 国民健康保険への切り替え
  • 離職票の発行
  • 転職後の社会保険の手続き

最悪の場合、バックレたことがバレて転職先の内定が取り消しになるケースもあるでしょう。

メリットは一つもないので、必ず退職の手続きは行うようにしてください。

上司の気持ちも考える

社歴の長い上司であれば、退職を切り出される前に雰囲気で察するものです。

ですが、何度経験しても慣れるものではありません。

また、上司は退職の旨をさらに上役に伝えなければいけないので、関係ないのに上役に怒られることもあります。

退職をする以上、上司には迷惑をかけることは忘れないようにしましょう。

ネチネチ言われる覚悟を

上司によってはネチネチ文句を言ってくるケースがあります。

また、上司だけでなく社長クラスと話し合う場合もあるでしょう。

向こうからすれば退職者は裏切者扱いです。

「せっかく雇ってやったのに」と憤慨するので、小言も言いたくなります。

みんなが笑顔で円満退職、なんて都合のいい妄想は止めておきましょう。

退職を切り出すタイミング

退職を切り出すタイミングは、2ヶ月前がベストではないでしょうか。

会社側の都合や引継ぎなどの手間を考えると、1ヶ月では足りないですからね。

就業規則で期間が定められていれば、それに従うようにしましょう。

ちなみにですが、民法では雇用期間の定めのない場合、2週間前に退職を申し入れれば退職を認められると定められています。

最終手段として。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用元:総務省 e-Gov 民法第六百二十七条

それとなく退職を匂わせるのも効果的

退職を申し入れる前に、

  • 職場の同僚に○ヶ月後に退職すると伝える
  • 転職活動のために有給を消化しはじめる

など、退職を匂わせる行動をすれば、上司は「退職するのかな?」と勘ぐってきます。

そうすれば、退職を切り出しても「やっぱりそうだったか」と、すんなり聞き入れてくれるものです。

案外すんなり退職まで運ぶことができるので、前もって退職を匂わせておくのも効果的ですね。

仕事を辞めたい理由のNG例

ここでは、上司に突っ込まれたり、怒られる口実となりそうな退職理由を紹介していきます。

家族が病気になった

中には、実家に電話をして確認する凄まじい職場があります。

実際に、僕は知らないところで電話凸された事がありました。

ここまでする職場が存在している以上、可能性は潰しておきたいものです。

万が一、嘘がバレてしまえば面倒ごとになるのは目に見えていますよね。

家族を利用するのも気分が良くないので止めておきましょう。

パワハラをされたから

被害者からすれば、加害者に一矢報いたい気持ちがあるので、パワハラの事実を公表したいもの。

ですが、退職理由に切り出されても会社側は何もしません。

  • 俺らの時代は普通だった
  • そんなことで退職するのは甘えだ

などと言われるのがオチなので、余計に傷口が広がるだけです。

何の解決にもならないですし、退職を受け入れてもらえない可能性があるので止めておきましょう。

自分には合わない仕事(職場)

  • そんなこと言ってたらどこ行っても通用しないぞ
  • もう少し頑張ってみろ

と、何の根拠もないことを言われるだけです。

退職話をうやむやにされる可能性が高いので、止めた方がいいでしょう。

職場に不満があることを伝えるのは、火に油を注ぐだけなんですね。

仕事を辞めたい理由を上司から聞かれたら

なるべくなら穏便に退職をしたいものです。

引き留められず、相手を納得させる理由を紹介しているので参考にしてください。

ちなみに、ここで紹介しているのは僕が実践したものです。

やりたいことが見つかった

  • 新しいことにチャレンジしたい
  • 以前からやってみたいことがあった

前向きな理由であれば、相手も納得しやすいものです。

  • そのためにプライベートで資格を取得した
  • やりたい職種で必要としてくれる場所があった(転職が決まった)

と畳みかければ相手も言い返しようがありません。

「なんでここで働いたの?はじめからそこで働けば良かったんじゃない?」

と突っ込まれたら、

  • ここでの経験も必要なものでしたので、チャンスをもらえて感謝しています

と、職場で働いたことがプラスだったことを伝えましょう。

将来を考えると体への負担が大きい

現場作業をしている職場では有効な理由ですね。

仕事の辛さは職場の人は知っているので、体への負担を話されると何も言えなくなります。

以前から体が不調で退職を考えていました。

歳をとってさらに負担が大きくなることを考えると続けるのは厳しいです…

でしたら、動ける今のうちに環境を変えたいという思いで退職を決意しました。

とでも言っておきましょう。

「みんな体がきつくても我慢してるんだぞ!」

と言ってくるかもしれませんが、

それは人それぞれなので何とも言えません。

体を壊してしまったら取り返しがつかないと判断しました。

でOKです。

自分で商売を始めたい

今の時代、副業は珍しいことではありません。

以前から動いていましたが、ようやく自分の力で生活できるまでになりました。

集中して仕事に取り掛かりたいため、退職を決意しました。

独立するというと、「そうなのか、頑張れ!」と背中を押してくれるものです。

「どんな仕事なんだ?」

と聞かれたくない核心をつかれたら、

インターネットを使った仕事です

あくまでも個人でやっていることなので、あまり突っ込まないでもらえると助かります。

と言っておけば、特定されることはないでしょう。

実家に帰るため

職場が実家から離れている人に有効な手段ですね。

地元に戻り地域の会社で働こうと考えています。

実家には誰もいないので、将来的には自分が戻って実家を守りたい気持ちがありました。

ここでのポイントは、家族のことを話にださないことです。

家族の看病や世話と言えば、連絡される可能性があります。

実家を守るためと言っておけばトゲが立たないですよね。

職場は地元のことを知らないので、おいそれと突っ込むことはできません。

ただし、地元で働いている人は特定される可能性があるので止めておきましょう。

上司が仕事を辞めさせてくれない場合

中には恫喝してきたり、退職の申し入れを拒否する悪質な職場があります。

そのような職場では、強硬手段をとると危険な目に遭うことが予想されます。

僕も見たことがありますが、威圧的な態度で拒否されると、委縮してしまって退職を諦めてしまうものです。

上司が辞めさせてくれない場合には『退職代行サービス』を利用しましょう。

退職が難しい職場なら『退職代行サービス』を利用する

  • 退職を申し入れると何をされるか分からない
  • 退職を申し入れたら脅しや強い引き留めにあった
  • 会社に行くのがツライ
  • 退職の際に未払い賃金や有給休暇の交渉をしたい

中には、上記のような悩みを抱えている方もいることでしょう。

ストレスの溜まっている状態で退職を切り出すのは、神経が擦り減るもの。

また、有給休暇や未払い賃金の取得をしたくても、理不尽に断られるケースは非常に多いです。

そこで、会社に退職の申し入れをしたくても出来ないと悩んでいる方は「退職代行サービス」の利用を勧めます。

退職代行サービスを利用することのメリットとして以下が挙げられます。

  • 会社に顔を出さずに退職することができる
  • 会社とのやり取りが不要
  • 離職票などの必要な書類の発行依頼が可能
  • 未払い賃金や有給休暇の交渉が可能(※退職代行による)

退職に関する法律の知識も持ち合わせているため、合法的に退職に結び付けられるのが最大の強みですね。

ただし、退職代行の中には悪質な業者がおり、退職ができないといったトラブルにつながりかねないので、利用する前に最低限の知識を身につけることでトラブルを回避することができるでしょう。

☟の記事では、退職代行に関するポイントや疑問を解説しているので、退職代行を利用する前に一読することを勧めます。

【完全版】退職代行とは?利用に関する疑問やポイントを完全網羅この記事では、退職代行を利用するか悩んでいる方に向けた記事です。 退職代行に関する疑問をすべて答えているため、この記事だけで退職代行について理解できる内容になっています。 実際に僕が退職代行に相談した時の状況も紹介しているので、参考にしてみてください。...

当サイトでは、合法性・料金・サービスの質をトータルで比較した結果、退職代行ガーディアンを一番にオススメしています。

☟の記事でもオススメの退職代行サービスを紹介しているので、選ぶ際の参考にしてください。

【トラブル回避】退職代行のおすすめTOP5!気になる点を徹底調査この記事では、実際に相談をしてみた結果をもとに、オススメの退職代行をランキング形式で紹介しています。他にも、退職代行を選ぶ際のポイントや利用する前の注意点も紹介しているので、退職代行をめぐるトラブルを回避するために役立つ内容になっています。...

まとめ

上司に仕事を辞めたいと伝える際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 強い意志をもって退職を決意する
  • 嘘も方便
  • バックレは厳禁
  • 上司の気持ちも考える
  • ネチネチ言われる覚悟を
  • 退職を切り出すタイミング
  • それとなく退職を匂わせるのも効果的

また、退職の理由として職場に不満があることを伝えると、揉める原因となるので避けるべきです。

中には、退職の申し入れを拒否する悪質なケースもあるでしょう。

そのような場合には、退職代行サービスの利用を勧めます。

退職はお互いにとって気分のいいものではないので、言い合いに発展しやすいものです。

退職代行は揉め事を避けるためのサービスなので、トラブルの予感がした際には活用しましょう。

退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です