退職

【実体験】退職するなら貯金は必須!どれくらい貯金があれば安心?

  • 退職するなら貯金は必要?
  • どれくらい貯金しておけばいい?

当記事では、こんな疑問に答えています。

ヨシ
ヨシ

ヤバい、お金がなくなってきた…
なんでもいいから早く転職先を見つけないと

これは、僕が実際に経験したことです。

焦って転職先を見つけた結果、ブラック企業に入社して後悔する。

退職をして新しい道を歩くなら、後悔のない選択をしたいですよね。

そこで、僕の経験から退職に必要な貯金額を解説しています。

実際のお金の動きを紹介しているので、目安の一つとして参考にしてください。

ヨシ
ヨシ

お金に余裕があれば、納得のいく転職活動ができるよ!

【結論】退職するなら貯金は必須

転職先が見つかっていても、貯金は必ずしておきましょう。

なぜなら、転職して1ヶ月はまともな収入がないからです。

都合よく給料の締め日から働き始めるケースは少ないもの。

まともに給料を貰えるのは入社した翌月からになるので、1ヶ月は自力で生活することになります。

ヨシ
ヨシ

貯金をしておけば、予想外の出費があっても対応できるよ! 

転職先が決まってない退職って大丈夫?【計画性のない退職は無謀】転職先が決まってない退職をするうえで必要な準備や、計画性のない退職の危険性を紹介した記事です。...

退職する前にどれくらい貯金しておくべき?

転職先が見つかってない場合

最低でも、6ヶ月は生活できる額を貯金しておきたいです。

簡単に計算するなら、自分が今貰っている給料の6ヶ月分ですね。

ヨシ
ヨシ

税金を引かれる前の金額で計算しよう!

今貰っている給料の額なら1ヶ月生活できているはずなので、6ヶ月分貯金すれば目標額に達します。

6ヶ月もあれば、転職先を見つけたり休暇をとったりと、一通りのことはできるでしょう。

後の項目で、僕自身の体験談を紹介するので参考にしてみてください。

ヨシ
ヨシ

貯金額が多ければ多いほど余裕ができるよ!

転職先が見つかっている場合

最低でも2ヶ月は生活できるほどの額を貯金しておきましょう。

  • 転職して最初の1ヶ月はまともな収入がないこと
  • 予想外の出費に対応するため

この2つを考えれば、1ヶ月分の生活費では不十分です。

計画的に行動してるつもりでも見落としはあるもの。

これは僕の経験則からですが、予想外の出費は必ずあります。

ヨシ
ヨシ

退職は想像以上にお金のかかるものだよ!

退職した後に必要になるお金は?

生活費

  • 家賃・住宅ローン
  • 光熱費・水道料金
  • スマホ代・プロバイダ料金
  • 食費
  • 趣味などの雑費

ザッと挙げただけでもこれくらいはあります。

生活費は工夫次第で出費を減らすことはできますよね。

各種契約内容を見直して、退職に備えるのもオススメです。

ちなみに、僕は約15万円ほどだった生活費を、8万円程度にまで抑えることができました。

ヨシ
ヨシ

スマホ代・電気・ガスは契約と使い方次第で半分にまで減らせる

各種税金

  • 住民税
  • 国民健康保険料
  • 国民年金

この3つの支払いが待ち構えています。

特に厄介なのが住民税と国民健康保険料ですね。

前職の収入をもとに算出されるため、収入が大きい人ほど納税額は大きくなります。

単身者の場合は前職と同程度の納税額になるため、給料明細を確認しておきましょう。

ヨシ
ヨシ

10万円を超える請求が来た時にはマジで焦った…

転職活動にかかる費用または交通費

どこかへ移動するにもお金は必要になります。

ガソリン代・電車代・バス代などですね。

遊びに行くにしても、転職活動をするにしても、移動するにはお金がかかるもの。

ちょっとした金額なので見落としがちですが、チリも積もれば大きな金額になります。

ヨシ
ヨシ

転職活動用として交通費を用意しておくといいかもね!

退職前に貯金した実例

  • 一人暮らし
  • 貯金額:120万円
  • 生活費総額:8万円
  • 税金:7万円

僕のスペックはこんな感じです。

退職後に引っ越し費用で20万円使ったので、実際には100万円になります。

また、失業手当は6000円×90日で54万円受け取ったので、154万円が総額ですね。

他に大きな出費を挙げれば、前期分の税金で11万円ほど請求されたくらいです。

退職してから6ヶ月経過した時点で、貯金残高は40万円ほど。

特に節約もしないで6ヶ月は余裕をもって生活できました。

僕の場合は結婚をしていないので、扶養家族がいれば6ヶ月の生活は厳しいでしょう。

少なくとも、200万円の貯金は欲しいですね。

貯金残高が50万円を切った辺りから焦りが生まれてきたので、余裕が欲しい方はもう少し貯金しておくべきでしょう。

50万円ほどの貯金なら、3ヶ月程度しかもたないと思っておくべきです。

ヨシ
ヨシ

個人的にはもっと貯金しておけば良かったと後悔している

退職をするなら計画的に

僕が退職をするときには、2年間で100万円の貯金という目標を立てていました。

この計画があったからこそ目標額の貯金ができ、6ヶ月以上も無収入で生活ができたわけです。

計画が必要と感じたのは、過去の失敗があったから。

50万円ほどの貯金で余裕だろうと思っていたら、想像以上の出費の多さに後悔した経験があったからです。

  • 目標の貯金額を決める
  • 目標達成までの期間を決める

計画はこの2つをもとに立てるようにしましょう。

ヨシ
ヨシ

計画を立てないと、いつまでも目標金額には到達しないよ

まとめ

転職をするなら貯金は必要になります。

転職先が見つかってないなら、現在の給料の6ヶ月分。

転職先が見つかっているなら、現在の給料の2ヶ月分、を目安にしてください。

また、目標達成までの目標を立てるようにしましょう。

ダラダラ貯金をしたら、いつ目標に達成するかわかったものではありません。

後悔しないために、退職は想像以上にお金がかかるものと認識しておきましょう。

【うまい話に注意】仕事を辞めたい!お金がないからこそ計画的にこの記事は、仕事を辞めたいけどお金がない悩みを抱えた人に向けたものです。 退職後に必要になるお金や、退職したいけどお金がない場合の対策を紹介しているので、進退に関する悩みを解消できる内容になっています。...
退職のサポートなら『退職代行ガーディアン』

『労働組合法人』だから
【違法性なし】【安心】【安い】

即日・365日対応・全国対応
相談したその日から新しい一歩を踏み出せる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です